くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧とブロッコリーの関係

高血圧とブロッコリーの関係

スポンサードリンク

高血圧とブロッコリーの関係
について紹介します。

ブロッコリーは、カリフラワーを
イタリアで品種改良したものです。

食用部分は花蕾(つぼみ)が
中心となります。

ただし、花蕾の部分は劣化が速く、
栄養価が非常に落ちやすい
野菜です。

ブロッコリーやカリフラワーは、
キャベツとともにビタミンCが
豊富です。

ブロッコリーには、ガン予防効果を
期待できるものが多く含まれています。

β-カロテン・イソチオシアネート
・インドール・ステロール
・フェノールなどがそうです。

また、ブロッコリーには
ビタミンKも多く、ミネラルも
かなり含まれていて、とくに
カリウムや鉄も多い野菜です。

また、ナトリウムが少ないので、
高血圧症におススメです。

食物繊維も多くて、ダイエット食
としても好適です。

なお、デメリットは、ブロッコリーや
カリフラワーには、チオ-オキサゾリジン
という物質が含まれていて、ヨウ素の
吸収を抑えてしまいます。

ヨウ素が不足すると、感覚や
運動が鈍り、頭の回転が
遅くなります。

ですから、ヨウ素の豊富な
海藻類をよく食べる人には
いいですが、海藻をあまり
食べない人は、カリフラワーや
ブロッコリーは食べないほうが
よいでしょう。とくに、
甲状腺ホルモンのサイロキシンが、
多く必要なる冬は食べないほうが
よいでしょう。

ビタミンCは、熱による損失より
水に溶けだす損失の方が大きく、
時間が経つと損失してしまいます。

つまり熱いお茶のビタミンCは、
熱いことによる若干の損失は
あるものの、お湯の中に大方の
ビタミンCが溶けだしているので、
そのお湯を飲むため、ビタミンCは
摂取できます。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧とブロッコリーの関係

スポンサードリンク