くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

鼻血と高血圧の関係について

鼻血と高血圧の関係について

スポンサードリンク

鼻血と高血圧の関係について
解説します。

鼻の中は、柔らかく弱い粘膜で
できており、血管がたくさん
あります。

そのために、傷がつきやすく
出血しやすいのです。

とくに鼻の入り口から約1cmほどの
部位は、毛細血管が多く、
指でいじったり、鼻を強くかむ
程度の刺激でも、粘膜が傷つき
出血することがあります。

これは、子どもが鼻血を出す
大部分の原因といえます。

また、アレルギー性鼻炎など、
鼻を強くかむ癖がある人にも、
鼻血がみられることがあります。

血圧が高いとき、鼻の粘膜が
弱っているときには、鼻血が
出やすくなります。

とくに、高血圧や動脈硬化により、
血管がもろくなっている人は、
緊張や興奮、のぼせや飲酒など、
血圧が上昇する要因には
注意が必要です。

この場合、多くは鼻の奥の
ほうからの出血です。

さらに鼻の奥には太い動脈が
走っていて、この動脈が
破れると大量に出血する
こともあります。

鼻も触らない、傷もないのに
頻繁に鼻血が出る場合は、
白血病や、特発性血小板減少性紫斑病
といった血液の疾患の可能性が
疑われます。

また、鼻血には、高血圧症や
動脈硬化症など、血管が
もろくなる疾患の症状
としてもみられます。

白血病は、骨髄で異常な
白血球細胞が増殖し、
正常な白血球をつくることが
できなくなる疾患です。

異常な白血球細胞が増えるため、
正常な赤血球や血を止める
血小板も減少し、
出血しやすくなり、
動悸や息切れをともなった
極度な貧血症状を引き起こす
ことがあります。

鼻に触れない、傷がない、
鼻の中も荒れていないのに、
頻繁に鼻血が出たり、歯茎からの
出血がみられる場合には
注意が必要です。

特発性血小板減少性紫斑病とは、
免疫機能の異常により、
血小板が脾臓で次々と壊されて、
血小板の数が減少するため、
出血症状があらわれる疾患です。

最初は、顔や体に砂粒のような、
赤く小さな点状の内出血が
たくさんあらわれます。

進行すると皮膚に大きな
青あざができたり、歯茎からの
出血や鼻血、血尿や血便などが
みられ、重症化すると脳出血を
起こすこともあります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

鼻血と高血圧の関係について

スポンサードリンク