くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

味噌と高血圧の関係

味噌と高血圧の関係

スポンサードリンク

味噌と高血圧の関係性について
解説します。

味噌は優れた発酵食品である事は、
よく知られてはいますが、塩分との
関係から高血圧予防とは、
うらはらというイメージを
抱いている方は多くいるかと
思います。

ところが、農林水産省食品総合研究所
(茨城県つくば市)の蛋白質研究室
・河村幸雄室長らの研究により、
みその抽出物には高血圧ラットの
血圧低下作用があることがわかり、
第47回日本栄養食糧学会('93年5月・東京)で
発表されて、大きな話題となりました。

ちょっと意外な気がしますが、
味噌には血圧低下作用を持つ
成分が含まれていたのです。

生体内における血圧調節系は、
食品と最も深い関係にある、
レニン・アンギオテンシン系です。

この「系」のどこかを、ある程度ブロックする
などして、反応を抑えてやれば、血圧が下がる
ことがわかっています。 

そこで注目したのは、
強い血管平滑筋収縮作用を示す、
アンギオテンシンIIと呼ばれる
昇圧ホルモンです。

これは、アンギオテンシン1という
前駆体から、アンギオテンシン
変換酵素(ACE)の作用により生成
されるものです。

従って、このACEの作用を阻害する
物質の存在が、ある食品で証明され、
それが吸収されることを証明できたら、
高血圧に対する血圧降下作用をもたらす
食品由来の物質ということになります。

何故、味噌に注目したかについて、
1つには、味噌が伝統的な食品で、
日ごろ使用頻度の高い食品である
ということと、これまでの研究により、
大豆たんぱくと味噌の成分中に
ACE阻害ペプチド、つまり
高血圧防止ペプチドが発見された
ことに大きな理由があります。

そこで味噌の抽出物を、
高血圧ラットに投与しました。

一方に味噌の抽出物を投与し、
もう一方には同じ量の水を投与しました。

味噌抽出物を投与したラットは、
時間経過とともに、血圧の降下が
認められたのです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

味噌と高血圧の関係

スポンサードリンク