くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

早朝高血圧の原因について

早朝高血圧の原因について

スポンサードリンク

早朝高血圧の原因について
解説します。

血圧は常に一定ではなく、
例えば、立ったり座ったり
するだけでも変化するものです。

1日の流れを大きく見てみると、
血圧は昼間に高く、夕方から
夜にかけて下がります。

その後、起きて活動する
準備のために、寝ている間の
早朝から目覚める時間にかけて
上がっていきます。

なかには、朝の血圧上昇が
大きくて急激な人や、夜間も
血圧が下がらず高いままの
人がいて、朝の血圧が高い
ことを「早朝高血圧」と
呼びます。

いずれの場合でも、心臓や
脳などの臓器に負担が
かかります。

この、夜から早朝にかけての
時間帯は高血圧の人は、
脳卒中や狭心症などが
起こりやすい時間帯
なのですが、この早朝高血圧も
理由のひとつといわれています。

早朝高血圧の基準値は、
早朝起床時に、家庭で測定した
血圧平均値が、次の基準に
当てはまる場合です。

収縮期血圧(上の血圧)135mmHg以上 、
または拡張期血圧(下の血圧)
85mmHg以上です。

健康診断や病院での血圧測定は、
通常、昼間に行われるため、
早朝の血圧が高いことは
診察室での血圧測定だけでは
なかなか発見ができません。

このことから早朝高血圧は、
隠れていて発見されにくい
「仮面高血圧」のひとつと
されています。

家庭血圧計をお持ちの方は、
朝の血圧も測ってみましょう。

もしも、上の基準に当てはまれば、
かかりつけの医師に相談しましょう。

早朝高血圧を引き起こす原因は、
次のようなものがあり、
当てはまる方はそれぞれの
原因への対処が必要となります。

1.

アルコール 

2.

起立性高血圧
(立ち上がると血圧が高くなる)

3.

動脈硬化の進行 

4.

血圧を下げる薬の効く時間が短い 

5.

朝の冷え込み 

6.

高年齢 

7.

精神的ストレス 

8.

閉塞性無呼吸症候群
(睡眠中に呼吸が止まっている
時間帯がある) 

などです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

早朝高血圧の原因について

スポンサードリンク