くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧が上がる時期について

高血圧が上がる時期について

スポンサードリンク

高血圧が上がる時期について
解説します。

寒くなってくると、私たちの
からだは体温を逃がさないように
血管が収縮するので、血圧が
上がりやすくなります。

血圧が高めの人は、寒さを感じたり、
冷たい水などにさわったりしたとき
などは、血圧がさらに高くなって、
心筋梗塞や脳卒中を引き起こす
恐れがありますので、次のような
状況では特に注意が必要です。

1、

寒い屋外に出たとき。

2、

暖かい部屋からトイレや脱衣所など、
寒い場所へ移動したときなどです。

「血圧」とは、血液が血管を流れるときに
血管の内壁にかける圧力のことです。

ポンプの働きをしている心臓の筋肉が
縮んだときの数値は、最大血圧(収縮期血圧)、
ゆるんだときの数値は、最小血圧(拡張期血圧)
といいます。

そして「高血圧」とは、血圧が継続して
高い状態です。

最大血圧が140mmHg
(ミリメートルエイチジー
又はミリメートル水銀柱)以上、
または最小血圧が90mmHg以上の状態を
高血圧をいいます。

血圧が高い状態が続くと、
血管がもろくなったり、
動脈硬化の進行が早まったりし、
心筋梗塞、狭心症などの、
虚血性心臓病の発症頻度が
高くなります。

または、高血圧によって
心臓が肥大することがあります。

心臓が肥大すると、全身に血液を
送り出すポンプの作用が次第に弱くなって、
心不全を起こしやすくなります。

高血圧は「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」
ともいわれており、自覚症状がないままに
進行していきますので、健康診断などの
検診を受けたり、定期的に病院や
家庭において血圧を測るようにしましょう。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧が上がる時期について

スポンサードリンク