くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧とアルコール

高血圧とアルコール

スポンサードリンク

私は倒れてから、
アルコールをやめています。

それまでは毎日飲んでいました。

倒れて多々迷惑を掛けて、
もうこれ以上迷惑を掛けられない。

そう強く思っているので、
今はアルコールは必要なくなりました。

まぁ付き合いで一杯程度なら
今後、飲むとは思いますが。

高血圧とアルコール2


高血圧とアルコールの関係について
ご紹介します。

アルコールの作用については、
まことに多彩です。

心臓の働きを強めたり、逆に弱める
こともあります。

また、血管を収縮させて血圧を上げたり、
反対に拡張させて血圧を下げたりする
こともあります。

こうした変化とその程度は、長年飲んでいるか、
毎日か、それとも時々か、1回にどれだけ飲むか、
さらに飲酒してからの時間、体質(感受性)の
差などによって異なるので、単純ではありません。

ふつうアルコールを飲むと、
一時的に血圧が少し下がり、
脈拍が増えます。

アルコールは血圧を一時的に下げる
こともありますが、長い間飲み続けると、
血圧を上げて、高血圧症の原因になると
考えられています。

多くの研究で、日々の飲酒量が多いほど
血圧の平均値が上がり、高血圧症になる
リスクも高まることがはっきりしてきました。

では、1日にどれくらい飲んでいると、
血圧に影響するのでしょうか?

「日本酒1合、ビール大瓶1本、
ウイスキーシングル2杯、
ワイン2杯」に含まれるアルコールは、
約30ミリ・リットルですが、
これまでの研究をまとめますと、
アルコール1日30ミリ・リットルあたり、

血圧は3ミリほど上がることが認められています。

こうした飲酒による血圧の上昇は、
人種や、アルコール飲料の種類に
かかわりなく認められているので、
あの酒だと影響が少ないといった
ことはありません。

アルコールで血圧が上がる理由については、
血管の収縮反応が高まるほか、心臓の拍動を
速める交感神経の活動や、腎臓から
マグネシウムやカルシウムが失われるため、
などと考えられています。

アルコール飲料に含まれるカロリーにより、
体重が増えることや、塩辛いつまみを
とることなども関係するでしょう。

読みづらい方、
音声で聞いてください。



私も入院中は動画の音声を
沢山聞いていましたから。

高血圧とアルコール3


アルコールも少しなら
百薬の長と言われますが、

例えばワイン。

ポリフィノールが体に良いのなら、
その他の食品でポリフィノールを
摂取するようにしたいと考えました。

少しが、もう少しになり、
また沢山飲むようになったら
と考えると飲まないままで
良いと思いました。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク