くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

びわ茶の効能は高血圧によい

びわ茶の効能は高血圧によい

びわ茶の効能は高血圧によい

びわ茶の効能は高血圧によい

スポンサードリンク


びわ茶と高血圧の関係について
ご紹介します。

びわは昔から、
「びわの木がある家の人は健康」
と言われ、病気の治療などにも
使われてきました。

びわの葉にはタンニンと呼ばれる
成分が多く含まれていて、
・高血圧予防
・整腸作用
・抗酸化作用
・脂肪燃焼作用など、

現代生活に必須の効果が期待できます。

またクエン酸も多く含まれ、血栓などを
溶かして血流の改善が期待されるため、
動脈硬化や心筋梗塞などの予防効果も
あります。

びわの歴史を遡れば、3千年も昔から
インドの古い仏典、涅槃経(ねはんきょう)
にも登場し、生きとし生けるものの万病を
治す植物として登場します。

日本においても、奈良時代に作られた
救済施設の「旋薬院」でも、びわの葉を
用いた療法が用いられていたようです。

全国のびわの生産量の内、長崎県は
3割以上の出荷を誇っており、
その出荷量は日本一です。

日本の最西端に位置する長崎県ですが、
海に囲まれ温暖な気候に恵まれており、
海から吹く潮風と降りそそぐ太陽の恵みが、
びわの栽培にとってとても良い環境なのです。

歴史をたどると、既に江戸時代には、
長崎でびわの栽培が行われていたそうです。

人間が生命活動を維持するには5大栄養素
と呼ばれる

・タンパク質
・脂質
・炭水化物
・ビタミン
・ミネラル

が必要です。

その中でもミネラルは、体の働きを維持、調整し、
代謝を促進する重要な役割を持っており、
体内では生成されないため、食品から
摂取しなければなりません。

そのミネラル分が、びわには非常に
多く含まれています。

びわの葉は栄養価も高く、病をも防ぐと
言われることから、俄に「びわ茶」に
注目が集まりブームになっています。

 


私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。


値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。

 

びわ茶の効能は高血圧によい

スポンサードリンク

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA