くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧分類

高血圧分類

スポンサードリンク

血圧は測定する時間によって、
変動します。

ですから毎日、同じ帯で測定する方が、
変化に気づきます。

朝は比較的高めに出る人が多いと聞きます。

高血圧分類2


高血圧を分類すると、血圧に最も
圧力が高い「収縮期血圧」と、

最も圧力の低い「拡張期血圧」の
二種類があります。

そのため、高血圧を考える上で
収縮期血圧と拡張期血圧の両方を
考慮する必要があります。

「収縮期血圧が140mmHg以上」または
「拡張期血圧が90mmHg以上」のどちらかに
該当することで高血圧と診断されます。

なお、血圧は一日の変動が大きいです。

そのため、同じ日であっても測定する
時間により血圧の値が異なってきます。

【至適血圧】とは、理想的な範囲である
血圧です。

また、【正常血圧】は、正常な範囲にある
血圧で、【正常高値血圧】は、高血圧予備軍
であり、生活習慣の改善が必要とされます。

一日の血圧の日内変動は大きく、そのために
高血圧状態が続いたとしても血圧測定を
行うある時点だけは、血圧の値が正常で
あることがあります。

この時間に血圧を測定すると、あたかも
血圧が正常な値を示しているように見えて、
これを仮面高血圧と呼びます。

仮面高血圧は、医療機関で血圧を測る場合は
正常な血圧ですが、家庭や職場で血圧を測定
すると高血圧の値を示します。

仮面を被ったように高血圧状態がマスクされて
いるために、仮面高血圧と言います。

この仮面高血圧の反対の意味を持つものとして、
白衣高血圧があります。

家庭・職場など普通に生活している場合では
正常な血圧を示し、診療所などで測定される時に
高血圧の状態となってしまう状態が白衣高血圧です。

医師や看護師などの白衣を着ている人の姿を見て
緊張してしまうことで、血圧が上がってしまうのです。

これらは、仮面高血圧や白衣高血圧などの症状が
あるため、家庭などで自ら血圧を測定することが
重要となります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。  

高血圧分類3


いかがでしたか?

私も検診で病院にいくと
プレッシャーで血圧が上がる
時があります。

ドキドキしちゃって、
血圧が上がっていっているのが
分かります。

完全な白衣高血圧です。
スポンサードリンク