くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧に食事カレーライスは

高血圧に食事カレーライスは

スポンサードリンク

高血圧を改善しようと努力している
場合、食事に気をつかっている方も
多いと思います。

子供からお年寄りまで
年齢を問わず大好きな方も多い
カレーライス。

高血圧の方は好んで食べても良いのでしょうか?

気になる点を、塩分に焦点をあて
調べてみました。

高血圧に食事カレーライスは2


高血圧にカレーライスは危険?

こんな食事メニューは危険!

ここでは 塩分制限をしている
高血圧患者の人にオススメできない
食事や、食べ方を解説します。

心当たりのある方は、ご注意ください。

高血圧の症状があり食事に減塩を
心がけていても、忙しかったり、
仕事があったりと、都合によっては
3食手料理を味わうことができない
場合も多いと思います。

そんな場合は、外食や弁当を摂ること
になると思うのですが、食事によっては
塩分量の多いメニューもあるので注意が
必要となります。

目安として、塩分量3g未満・約3g・3g以上に
分け、適切な料理の食べ方をご紹介します。

1、
塩分量・・・1品3g未満。

食べ方・・・比較的に塩分量が少ないメニュー
なので完食OKです。

主食・・・野菜サンドイッチ、釜飯、エビグラダン。

おかず・・・湯豆腐、八宝菜、寄せ鍋、魚のムニエル、
ビーフシチュー、ローストビーフ、オムレツ、ハンバーグ、
コロッケ(2個)。

2、
塩分量・・・1品約3g。

食べ方・・・汁は残すようにする。
ソースなどはかけないようにします。

主食・・・きしめん、ピザ、ちらし寿司、
チャーハン、スパゲッティ。

おかず・・・ステーキ、ヒレカツ、春巻き、かきフライ、
しゃぶしゃぶ、餃子(7個)。

丼物・・・中華どんぶり。

3、
塩分量・・・1品3g以上。

食べ方・・・食べないようにするべきです。

主食・・・ラーメン、タンメン、冷やし中華そば、
かけそば、天ぷらそば、鍋焼きうどん、むぎ、握り寿司。

おかず・・・シューマイ、ハム、梅干し、佃煮、塩辛。

丼物・・・うな重、カツ丼、カレーライス、オムライス。

手料理だけでなく、こういうメニュー選びをいちいち
自分で考えたり調べたりすることも、食事療法が
持続しない大きな原因となってしまいます。

そんなときは、減塩や栄養管理された、宅配食などを
利用することにより、負担も軽減されますので、
一度試してみてはいかがでしょうか。

減塩、宅配食です。



読みづらい方、
音声で聞いてください。

私も入院中は動画の音声を
沢山聞いていましたから。


高血圧に食事カレーライスは3


カレーライスがダメという訳ではありません。

塩分、カロリーを考えて食べれば大丈夫と思います。

私も食べておりますし、
すべてに言えることですが、
食べすぎがダメと思います。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク