くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧でだるい

高血圧でだるい

スポンサードリンク

無性にだるい時ってありませんか?

何もしたくない。

うつの症状に似ていますが、
血圧が関係している時もあります。

やはり思い込みはいけませんね。

高血圧でだるい


高血圧では症状のひとつに、「だるい」
という状態があります。

高血圧になると動脈硬化を促進して脳梗塞や
心筋梗塞になる恐れがあって、腎機能不全や
糖尿病を発症することも少なくありません。

身体の大事な機能を担う、臓器を脅かす病気
であるにも関わらず、これら高血圧による
合併症は、発症しても患者さんの多くは長い間、
無症状のまま、もしくは病気に気付かず病気が
進行していることが多くあります。

病気が表面化してきた時には既に病気は進行し、
生死を分かつ事態になりかねず、これは高血圧が
「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と
言われる理由です。

高血圧の自覚症状のひとつに「だるい」
という症状がありますが、だるさの原因は
ストレスなど心因性のもの、身体の不調から
くるものも多くあります。 

高血圧症で降圧剤などの薬を服用している場合は、
血圧が下がり過ぎてだるいという症状が
でることがあります。

血圧が低く、血液が末端部分まで行きわたらなくなり、
酸素不足を起こしているため、めまいやだるさを
生じます。

高血圧と低血圧は相反する症状ですが、
薬がもたらす自分の身体の状態も把握
しなければなりません。

医師への相談と血液循環が問題なので、
軽い運動や温かい飲み物でも改善が
期待できます。

もう一つのだるさの原因として、自律神経失調が
考えられます。

人間の身体は交感神経と副交感神経という
2つの自律神経が、バランスをとって臓器を
動かしています。

このバランスがうまく調整できなくなると、
その不調が「だるい」という症状になります。

交感神経は血圧の上昇に、副交感神経は血圧の
下降に働きますが、血圧を下げて、副交感神経を
優位にすると症状が和らぎます。

充分な睡眠と、リラックスした環境を
作ることにより改善が期待できます。 
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

高血圧でだるい


いかがでしたか?

沈黙の殺し屋

怖いですね。

私も狙われた訳ですが、
「だるい」ひとつとっても、
サインは出ていますから、
少し高血圧を疑ってみる
価値はあります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。
スポンサードリンク