くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の食事で納豆は?

高血圧の食事で納豆は?

スポンサードリンク

薬のなかには、
納豆がNGな薬もあります。

納豆はそもそも高血圧には
どうなんでしょう?

調べてみました。

高血圧の食事で納豆は?2


高血圧の方の食事で、正しい納豆との
付き合い方は?

「納豆」と聞くと、体に良い万能な
食品というイメージがありませんか?

事実、納豆はたいへん栄養バランスに
優れた食品のひとつです。

苦手な方も多いかもしれませんが、
日々の食事に取り入れることで毎日に
必要な多くの栄養素を摂取することも
出来ます。

まず、高血圧に納豆が良いとされる理由は、
納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素の
一種が含まれていて、ナットウキナーゼは
血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラに
してくれます。

血液がスムーズに流れることで血圧を
安定させて、高血圧を予防します。

また、血栓を溶かすことによって、
高血圧が引き起こす脳梗塞や心筋梗塞などの
合併症予防にもつながります。

それから、納豆に含まれる「レシチン」という成分は、
高血圧の原因のひとつである悪玉コレステロールを
減少させる働きがあり、これもまた血液を
サラサラにしてくれる理由です。

これでも分かるように、高血圧予防には
血液の流れをスムーズにし、血栓などを
作らないことが重要で、納豆はこれに
適していると言えるでしょう。

そして、もう一つ重要なのが、納豆と薬との
関係です。高血圧の方は「ワーファリン」
という薬を服用する場合があります。

このワーファリンは血液を固まりにくくして、
血栓を予防することで脳梗塞や心筋梗塞などの
治療や予防をする薬です。

納豆はナットウキナーゼのほかに、ビタミンKが
多く含まれています。

ワーファリンはこのビタミンKと構造が似ていて、
納豆を食べてさらビタミンKを供給することで、
ワーファリンの持つ血液凝固の抑止効果を
妨げてしまいます。

ワーファリンの処方があった際には、
納豆を食べないように指導があるはずですが、
知らずに食べてしまうと薬の効果を得られない
ことになりますので注意してください。

高血圧の方は、ご自身の処方薬をもう一度
見直してみて、納豆を食べることが出来るか
チェックしてみましょう。

問題がなければ、納豆を上手に食事に取り入れて
頂ければよいかと思います。

くれぐれも、塩分は控えめにするようにしてくださいね。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

高血圧の食事で納豆は?3


私もほぼ毎日、納豆を食べています。

納豆にしらすを入れ、食べています。

さらにオメガ3油を入れます。

これ高血圧に良いですよ。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。
スポンサードリンク