くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

肺高血圧症と階段

肺高血圧症と階段

スポンサードリンク

階段の上り下りは大切です。

私も入院中にリハビリで何度も
上り下り繰り返しました。

階段の上り下りで
極端に疲れた場合、
危険信号の可能性
ありますよ。

肺高血圧症と階段2


肺高血圧症とは、どんな症状がでるのでしょうか?

肺高血圧症に特有の症状はありませんが、
初期症状には軽い動作(階段を上ったり、
坂を上る)をしただけで息切れがしたり、
疲れやすくなったりします。

また、病気が進行し右心室の機能に
障害が起きてくると、症状も
重くなってきます。

横になった時の息苦しさは、心不全の
サインです。

病気が進行すると、次のような
症状が出てきます。

1、
運動時の動悸、めまい、失神(子どもに多く見られる)。

2、
せき、喘鳴(ぜんめい:ゼーゼーする)。

3、
嗄鳴(させい:声がかれる)、血の混じった痰。

4、胸痛、息切れ。

5、
うつ状態(疲労からくる精神的ストレスによる)、
元気のなさ。

肺高血圧症とは、どんな病気なのでしょうか?

肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る
血管(肺動脈)の末梢の小動脈の内腔が
狭くなり血液が通りにくくなってしまい、
肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる
病気です。

心臓の中で、肺動脈に血液を送る室を
右心室といいます。

この右心室は高い圧力に耐えられる
ようにできていないために、肺動脈圧の
高い状態が続くと機能が低下してしまいます。

長い間の研究で、さまざまな治療薬が
試みられていましたが、最近、肺血管を
拡張させる薬が開発されて、治療効果も
上がってきています。

何らかの原因により肺の血管内腔が
狭くなると、肺を通過する血液の循環が
不十分になります。

この時に、心臓が血液を十分に送ろうと
するため、肺動脈の圧力が高くなります。

肺動脈に血液を送る右心室は、より大きな
力が必要なため心臓の筋肉を太くして対応
しようとします。

しかし、もともと右心室は高い圧力に
耐えられるようにできていないため、
この状態が続くと右心室の壁は厚くなり
拡張し、右心室のはたらきが悪くなり
右心不全を引き起こします。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

肺高血圧症と階段3


いかがでしたか、
怖いですね。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。

血流を改善するストレッチも
ありますので優れものです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク