くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

肺高血圧症とは

肺高血圧症とは

スポンサードリンク

肺高血圧症とはなんでしょうか。

血圧も勉強していくと、
いろいろなことが
判っていきます。

私が調べた肺高血圧症は
こんな感じです。

肺高血圧症とは2


肺高血圧症とはどんな病気でしょうか?
肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る
血管(肺動脈)の末梢の小動脈の内腔が
狭くなることで血液が通りにくくなり、
肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる
病気です。

心臓の中で、肺動脈に血液を送る室を
右心室といいます。

この右心室は高い圧力に耐えらないため、
肺動脈圧の高い状態が続くと機能が
低下してしまいます(右心不全)。

長い間の研究によって、さまざまな
治療薬が試みられていましたが、
最近、肺血管を拡張させる薬が開発され、
治療効果も上がってきています。

また何らかの原因で肺の血管内腔が
狭くなると、肺を通過する血液の
循環が不十分になります。

この時、心臓が血液を十分に送ろうと
するために、肺動脈の圧力が
高くなります。

肺動脈に血液を送る右心室は、
より大きな力が必要なため心臓の
筋肉を太くして対応しようとします。

しかし、もともと右心室は高い圧力に
耐えられるようにできていないため、
この状態が続くと右心室の壁は
厚くなって拡張し、右心室の
はたらきが悪くなり右心不全を
引き起こします。

厚生労働省の統計(平成21年)によると、
日本における肺動脈性肺高血圧症の
患者さんの数は年々増加の傾向にあり、
平成20年度の患者数は1,140人と
報告されています。

また、1年に100人程度の人が
肺高血圧症を発症していると
いうことがわかっています。

肺高血圧症の患者数は、20歳代から
60歳代までが特に多くなっています。

また、男女比だと1:2.6と
女性に多い傾向が見られます。

なぜ若い女性に多いのか、
その理由はわかっていません。

平均年齢は41.9歳となります。

20歳未満の若年では、男性と女性の
差はほとんどありません。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

肺高血圧症とは3


いかがでしたか?

怖いですね。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク