くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

先どりきょうの健康、不整脈の頻脈とは

先どりきょうの健康、不整脈の頻脈とは

先どりきょうの健康、不整脈の頻脈とは

先どりきょうの健康、不整脈の頻脈とは

スポンサードリンク


血圧測定で血圧は正常値内なのに、
気になるのが不整脈です。

不整脈にはタイプは大きく3種類。

「期外収縮」「頻脈」「徐脈」の
3つに分けられ、特に注意したいのが、
拍動が異常に速くなる頻脈タイプです。

脈拍は激しい運動をした後や
人前で話す時、驚いた時など
心臓がどきどきするものです。

誰でも、そうした経験はお持ちですよね。

不整脈は、静かにしているのに突然、
脈のリズムが不規則に乱れることがある。

この状態が不整脈です。

「期外収縮」は拍動のリズムが
不規則になり、血圧が一時的に
下がり、軽い動悸やめまいが起きます。

「徐脈」は成人の安静時心拍数は
一般に毎分60~75回であるが、
60回以下になるのが徐脈です。

スポーツ心臓の人も徐脈がみられます。

私も若い時、激しいスポーツを
続けていたのでスポーツ心臓です。

現在、朝晩、血圧を測定していますが、
60以下が多々あります。

不整脈の中で一番気をつけたいのが、
「頻脈」です。

心拍数が1分間に100回以上の脈拍が
頻繁に続く人は危険です。

脈拍の速い頻脈では、多くの場合、
脈拍数が150から200回前後まで
になります。

動悸が激しく、息苦しさや
胸苦しさを覚えて、冷や汗が出たり、
気を失ったりしたら、出来るだけ早く
病院に行くことを勧めます。

命を守るのは自分の判断です。

先どり きょうの健康
という人気番組で下記放送が
あります。

「不整脈 最新情報 タイプを知ろう」
2015年12月25日(金)NHK 
 10時40分~10時55分

詳しく見れますので私も見ます。

 


私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。


値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。

 

先どりきょうの健康、不整脈の頻脈とは

スポンサードリンク

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA