くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

本態性高血圧とは

本態性高血圧とは

スポンサードリンク

本態性高血圧とは
どんな病気でしょうか。

高血圧の患者さんの全体の
約90%が本態性高血圧です。

血液検査や、さまざまな
画像検査などにより原因を
特定できる二次性高血圧が
否定されると、本態性高血圧と
いう診断になります。 

本態性高血圧のなかでも、
高齢者は加齢により動脈自体が
柔軟性を失ってくるために、
最高(収縮期)血圧が上昇し、
最低(拡張期)血圧がむしろ
低下する収縮期高血圧が
みられるようになります。

したがって、高血圧の分類を
本態性高血圧、高齢者収縮期高血圧、
二次性高血圧症の3群に分ける
こともあります。

原因不明の高血圧を、本態性高血圧と
呼んでいますが、その発症は、
遺伝因子と環境因子が関係すると
考えられています。

遺伝因子として、現在まで多くの
遺伝子が候補としてあげられていますが、
単一の遺伝子のみで発症するものでは
ありません。

また、候補遺伝子があるだけで
発症するのではなく、食塩の
とりすぎ、アルコールの飲みすぎ、
肥満、ストレスなどの環境因子が
相互に関連し合い、血圧上昇に
はたらいています。

高血圧に関係する可能性のある
遺伝子では、有力なものとして
レニン・アンジオテンシン系、
キニン・カリクレイン系、
交感神経系の各種構成要因に
影響する遺伝子が報告されています。 

本態性高血圧には特徴的な症状は
ありませんが、頭痛、頭重感、
肩こり、倦怠感(けんたいかん)など
さまざまな症状を訴えることがあります。

とくに、高血圧発症の早期にこれら
不定愁訴のような症状を訴えることが
多いようです。

ただ、このような症状を訴えて受診しても、
高血圧と診断されることは少なく、
無症状ながら健診や他の疾患で受診して
偶然発見されることが多くみられます。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

本態性高血圧とは

スポンサードリンク