くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧を放置すると

高血圧を放置すると

スポンサードリンク

「高血圧を放置すると、心臓や
血管の病気で長生きできない」
というのは、国や人種を超えた
普遍的な事実です。

しかし「早いうちからきちんと
治療すれば、健康な人と変わらない
生活を送ることができる」

ことも多くの研究により
明らかになっています。

高血圧の合併症によって
人生を台無しにしないためには、
真剣に治療に取り組んで、
きちんと血圧管理を行う
ことが何よりも大切です。

その第一歩として、
合併症の重大さを理解して
いただくとともに、高血圧に
対する正しい認識を持って
いただきたいと思います。

現在、日本人の死因のトップは
癌ですが、脳卒中と心臓病を
合わせると、癌よりもはるかに
多いのが現状です。

しかも脳卒中と心臓病といった
高血圧の合併症は、発症直前まで
何の症状もないという意味では、
むしろ癌よりも、たちが悪いと
言えるのはないでしょうか。

高血圧を治療する上で
一番大きな問題は
“無症状の病気”である
ということです。

症状がないからといって
何年間も放置していると、
脳や心臓、腎臓などの臓器に
障害が起こり、重大な合併症を
引き起こす要因になります。

脳卒中や心筋梗塞は、ある日
突然生命を奪ったり、重い
後遺症のために、健康な
日常生活を一変させてしまう
という怖い病気にもかかわらず、
発症する直前までほとんど
症状がありません。

無症状のうちに全身がむしばまれ、
症状が出たときにはすべてを
失ってしまう、これが高血圧

「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」
と呼ばれる所以なのです。

高血圧は「自覚症状がないからいい」
では済まされません。

きちんと治療を続けていただき、
高血圧といわれたら心臓専門医を
受診して、心電図や超音波、
CTなどの検査を受け、合併症の
早期発見に努めていただきたいと
思います。

 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧を放置すると

スポンサードリンク