くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧とインスリンの関係

高血圧とインスリンの関係

スポンサードリンク

高血圧とインスリンの関係
について解説します。

糖尿病の人の40~60パーセントが
高血圧ですが、これは糖尿病
でない人の約2倍の頻度です。

また、年齢が若いうちから
血圧が上がり始めることが多く、
罹病期間が長い人が多いために、
合併症が現れる頻度が高くなります。

糖尿病の人が高血圧に
なりやすいことは、
次のような背景があります。

1、

高血糖で循環血液量が増える。

血糖値が高い状態では、
血液の浸透圧が高くなります。

そのため、水分が細胞内から
細胞外に出てきたり、腎臓からの
水分の吸収が増えたりして、
体液・血液量が増加し、
血圧が上昇します。

2、

肥満の人が多い。

肥満していると、交感神経
(自律神経のひとつで心臓や
血管に働きかけます)が緊張して、
血圧を上げるホルモン
(アドレナリン、
ノルアドレナリンなど)が
多く分泌されて、高血圧になります。

糖尿病(2型糖尿病)の人には
太っていることが多く、高血圧に
なりやすいのです。

3、

インスリン抵抗性がある。

インスリン抵抗性とは、
インスリンの作用を受ける
細胞の感受性が低下をしている
状態です。

インスリン抵抗性は、それ自体が
糖尿病の原因になりますが、
同時に、インスリンが
効きにくくなったのを補うため、
インスリンが多量に分泌されて、
「高インスリン血症」を招きます。

高インスリン血症では、
交感神経の緊張、腎臓で
ナトリウム(塩分)が
排泄されにくい、血管壁を
構成している細胞の成長が
促進される、という現象が起きて、
血管が広がりにくくなり、
血液量も増え、
血圧が高くなります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧とインスリンの関係

スポンサードリンク