くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の自覚症状

高血圧の自覚症状

スポンサードリンク

私が倒れた時には
自覚症状がありませんでした。

重いものを持っていたときに、
背中の当たりから首にかけて、
痛みがありました。

ハンマーで殴られたような、
今まで体験したことのない
痛みでした。

高血圧の自覚症状2


高血圧の自覚症状は、あまりありません。
しかし、気をつけていれば、頭痛、頭重感、
めまい、耳鳴りを感じることがあります。

また、高血圧が相当進んでいれば動悸、
呼吸困難、胸痛、むくみや夜間尿、
足の痛みやしびれがあることもあり、
このようなときは要注意です。

高血圧とは、脂質異常症(高コレステロール血症)、
喫煙、糖尿病とともに、心臓病の四大危険因子です。

ふだん何も症状がなくても、高血圧が
続いていると、ある日突然、脳血管障害や
心臓系の病気を引き起こすことがあるため、
注意が必要となります。

ある調査では、健康な人に比べ、
心筋梗塞などの心臓病になる確率が、
脂質異常症で4倍、高血圧で3倍、
喫煙で2倍高くなり、

3つの危険因子が重なると、
なんと16倍にもなる、という
報告もあります。

また、糖尿病にも注意が必要で、
高血圧と糖尿病を合併していると、
心血管病のリスクがかなり高まります。

高血圧とは、正常者の血圧より高い
血圧値を持続している場合をいいます。

高血圧を専門とする医師などからなる
日本高血圧学会では、収縮期血圧(上の血圧)
で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が
高血圧と定義をしています。

ただし、高血圧かどうかは自分で判断せずに、
必ず医師に診断してもらいましょう。

血圧をそのままにしておくと、動脈硬化が進行して、
さまざまな合併症を引き起こします。

動脈硬化とはまさに、動脈がカチカチに
硬くなることです。

その結果、血管の内腔が狭くもろくなり、
血液の流れが悪くなって、いろいろな
臓器に障害をもたらすのです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。  

高血圧の自覚症状3


いかがでしたか?

肝臓なども音を上げない臓器ですが、
音を上げた時は病魔が進行しています。

高血圧もほっとくと、
さまざまな病魔が進行していきます。

怖いですね。

命を守るのはあなたの行動のみです。
スポンサードリンク