くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

徐脈と高血圧の関係とは

徐脈と高血圧の関係とは

スポンサードリンク

徐脈と高血圧の関係とは、どうなって
いるのでしょうか?

不整脈の原因のトップは加齢で、
ストレス・過労・睡眠不足・飲酒が
誘因になります。

不整脈を起こしやすくする原因として、
高血圧(高血圧性心肥大)があります。

高血圧は、期外収縮や心房細動(心房粗動)
などの不整脈の頻度が増えます。

高血圧が不整脈を起こす一因とはいえ、
不整脈が高血圧の原因なのではありません。

高血圧は冠動脈硬化の危険因子であるため、
狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患を
合併しやすく、不整脈は狭心症や心筋梗塞
とは別の病気ですが、心臓の病気があると
不整脈になりやすいのです。

不整脈の治療は、基礎心疾患(心臓病)が
あればその治療になり、不整脈の症状が
重度で不整の程度が軽く症状がなくても、
生命予後に関わる場合は治療が行われます。

心房細動は血栓の原因になるので、
脳梗塞予防の治療が行われます。

基礎心疾患がない、不整脈の程度が
軽いといった症状がなければ、
心房細動を除き、経過を見る
ことになります。

不整脈の種類と症状については、
不整脈は徐脈(脈が遅くなる)
・頻脈(脈が速くなる)・期外収縮
(脈が飛ぶ)の3つに大別されます。

1、

徐脈の症状は、
ふらつき・眩暈(めまい)
・動作による息切れなどです。

2、

頻脈の症状は、動悸・吐き気
・冷や汗・意識喪失などです。

3、

期外収縮の症状は、症状がない
ことが多いのですが、症状が
起こる場合は、脈が飛ぶ感じがする
・胸部の不快感・胸部の痛みなどです。

胸部の痛みは、胸部の狭い範囲で
一瞬から数秒が特徴です。

狭心症や心筋梗塞の胸の痛みの場合は
もっと長く続きます。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。  

徐脈と高血圧の関係とは


いかがでしたか?

徐脈の症状は、
ふらつき・眩暈(めまい)です。

普通にあることですので、
日々の血圧測定が大事になると
思います。

不整脈も判断は難しいですが、
異変を感じたら病院で検査しましょう。

命を守るのはあなたの行動のみです。
スポンサードリンク