くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の診断基準の改訂

高血圧の診断基準の改訂

スポンサードリンク

高血圧の診断基準について、
日本高血圧学会は、医療者向けの
手引「高血圧治療ガイドライン」
を2009年以来5年ぶりに改訂し、
高血圧の診断基準値と降圧目標値を
統一するなどの要点を発表しました。

改訂版では、高血圧の診断基準
(降圧薬治療開始基準)は従来の
「収縮期140以上、拡張期90以上」
を維持しています。

一方、血圧を下げる努力目標である
降圧目標を「若年・中年者高血圧」
の場合は、「130未満、85未満」から
「140未満、90未満」に改訂して、
診断基準と統一しました。

75歳以上は「140未満、90未満」から
「150未満、90未満」に変更しました。

糖尿病の場合などは、変更しませんでした。

このため、例えば「収縮期134、拡張期84」
に血圧が下がった、若年・中年者高血圧患者は、
これまでと異なり降圧目標を達成することに
なります。

また、医療機関で測る「診察室血圧」より、
原則として家庭で朝晩各2回ずつ測定する
「家庭血圧」の平均値を、治療上優先する
ことも明記しました。

ガイドライン作成委員長の
島本和明札幌医大学長は、
降圧目標の変更について
「降圧薬の治療開始基準との
間にギャップがあり、医療現場に
混乱を招いていたので是正した。

より実用的なガイドラインになったと思う」
と話しています。

自分の血圧が正常値の範囲だと、
つい安心しがちになります。

しかし、実際には、正常高値や正常値の
レベルでも、脳卒中や心筋梗塞などを
起こすことは少なくありません。

病気の発症率との関係をみても、
例えば脳卒中の発症率がもっとも
低いのは、ガイドラインですと
至適血圧(収縮期血圧<120かつ拡張期血圧<80)
のレベルです。

そのため最近では、「血圧はできるだけ低めに
コントロールするほうがいい」とされています。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧の診断基準の改訂

スポンサードリンク