くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

隠れ高血圧とは

隠れ高血圧とは

スポンサードリンク

隠れ高血圧とは、いったい
どのような症状なのでしょうか。

健康診断などで血圧測定をした結果、
正常な値の範囲に入っていれば、
誰でも安心してしまうものです。

しかし、血圧は1日の中でも時間帯や
環境で変わりやすく、測ったその時は
正常値が出ても、それ以外の時間帯で
血圧が高くなっている場合があります。

例えば、家庭にある血圧計で、
朝に血圧を測ったときは高くても、
昼に病院などの診察室で測ると
正常値となっていることがあります。

このように、「診察室で測る血圧は
正常なのに、家庭で測る血圧は高く、
診察室での測定だけでは高血圧で
あるとは分からない状態」を、
仮面をかぶったように
本当の姿が隠れていることから
「仮面高血圧」といいます。

家庭血圧計をお持ちの方は、
寝る前や朝起きて1時間以内の
タイミングで血圧を測定して
みましょう。

診察のときに測った血圧では
高血圧と診断されなかった人も、
何回か家庭で血圧を測定し、
その平均が次の値のときには
「仮面高血圧」の可能性があります。

1.

「家庭血圧」・・・
収縮期血圧(上の血圧)135mmHg以上、
または拡張期血圧(下の血圧)
85mmHg以上。

2.

「診察室血圧」・・・
収縮期血圧(上の血圧)140mmHg以上、
または拡張期血圧(下の血圧)90mmHg以上。

診察室で測る「診察室血圧」と、
家庭で測る「家庭血圧」では、
リラックスした家庭血圧のほうが、
低い値で高血圧とみなされるので、
注意が必要です。

診察室での血圧が低くても、
家庭での血圧が高い場合には、
かかりつけの医師に相談しましょう。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

隠れ高血圧とは

スポンサードリンク