くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧と温泉

高血圧と温泉

スポンサードリンク

高血圧治療中でも
温泉には行きたいものです。

時期や入り方によって
血圧が上昇したり、
はたまた下がったり
するものです。

気をつけて温泉に入ることによって、
ストレス発散できます。

高血圧と温泉2


高血圧や高血圧症、そのほか脳卒中に
おすすめの温泉についてご紹介します。

高血圧と言うと、糖尿病、肥満、心臓病、
脳卒中などとともに「生活習慣病」の
一つです。

また、「メタボ」の略語世間でも
お馴染みになった
「メタボリックシンドローム」の
代表的要素の一つです。

温泉療養を行う際は一定の注意が
必要ですが、注意点さえ守れば、
温泉に気持ちよく浸かりながら
高血圧の症状を和らげることが
できる、効果的な治療法の一つに
なります。

心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病を
防ぐ最大の近道は、高血圧症にならない
ことですが、すでに高血圧症だという方でも
大丈夫です。

それは日々の生活の中から、高血圧症を
改善していくことです。

そのためにはまず、塩分を抑えたバランスの
よい食事を心がけることが大事です。

また、タバコやアルコールなど体に害になる
嗜好品を控え、ストレッチやウォーキングなどの
軽めの運動を生活に取り入れることも大切です。

ストレスを溜め込まないように
することが大事なのです。

そして、古来より日本人が大好きな温泉に入ることも、
高血圧症を改善する方法の一つです。

温泉はその温熱により全身の筋肉が緩み、
血管が広がることで血液が流れやすくなり、
血圧を下げる効果があります。

その中、特に高血圧症の人は炭酸ガス
(二酸化炭素泉)や硫化水素ガス(硫黄泉)が、
含まれている温泉がおすすめです。

皮膚から直接、血管内に成分が吸収されることで
毛細血管を広げて、血圧を下げてくれます。

そして入浴する際に、気をつけたいのは
「お湯の温度」です。

42度以上の高温泉は、逆効果になるので
入らないようにしてください。

適温は37度から40度くらいまでの
ぬるま湯がよいでしょう。

最高血圧や最低血圧、共に低下が期待できます。

また、もう一つ気をつけたいのが寒い冬の
時期の温泉です。

温泉に入るまでに寒暖の差を感じるような環境は、
逆に急激に血圧が上がってしまい、大変危険ですので
注意が必要です。

温泉療法を取り入れたい方は、医師などと
相談の上、正しい入浴方法で温泉に入るように
しましょう。

 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

高血圧と温泉3


私も温泉が大好きです。

上記を頭に入れ
温泉を楽しんできたいと思います。

読みづらい方、
音声で聞いてください。


私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク