くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧に効くストレッチとは

高血圧に効くストレッチとは

スポンサードリンク

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
この内容は著作権がありますので、 掲載はしておりません。

高血圧に効くストレッチとは2


高血圧に効く、生活習慣病の予防や改善に
役立つストレッチをご紹介します。

高血圧でお悩みの方の参考になれば、
とても幸いです。

高血圧には適度な運動が良いと言われますが、
運動習慣や忙しく時間がとれないと言う人は、
寝る前などに布団の上でストレッチなどの
体操を習慣化すると、高血圧をはじめ様々な
生活習慣病の改善や予防に役立ちます。

1、
お尻から股間節のストレッチは、布団の上で
仰向けになり、両足を曲げ両膝がお尻の上に
くるようにし、左右それぞれの膝に同じ側の
手を添えます。

右足の膝を手前に引きよせ、右手で膝を
抱え込み、また元に戻します、同じように
左側も行い、これを左右交互に繰り返します。
(左右交互に膝を引き寄せる)

2、
体の側面や肩のストレッチは、布団の上で
仰向けに寝て左手を左耳の横に、右手は右足の
横に伸ばします。

肩の余分な力を抜き、リラックスして、
右手をそのまま半円を描くように頭側に、
左手は右手とは逆に、左足の横にそのまま
半円を描くように伸ばしながら動かします。

この動作を繰り返します。

3、
腰や体の側面のストレッチは、布団の上で
仰向けになり、両膝を立てます。

両方の手はそれぞれ開き、手のひらを布団に
つけます。

そのまま両膝を立てそろえた状態で、膝を
左右交互に倒します。

この時、両肩は布団から離れないようにし、
これを繰り返します。

布団で行うストレッチは体に負担も掛からず、
とても簡単なものなので、寝る前や起床時に
5分から10分程度、左右均等に5回位を
目安にゆっくり行うようにするといいでしょう。

 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
 

高血圧に効くストレッチとは3


ストレッチは効果あります。

その理由なども、
下記DVDでは学べます。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク