くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧で運動中止になる危険性

高血圧で運動中止になる危険性

スポンサードリンク

運動も大切ですが、
すべてに良い訳では
ありません。

危険な状態の場合、
優先事項が変わります。

私も最初に倒れたあとは、
2週間ICUで安静状態でした。

トイレに行くことも
禁止でした。

高血圧で運動中止になる危険性2


高血圧で運動中止になる危険性
についてご紹介します。

運動療法をやってはいけない人に
ついてですが、運動療法は
高血圧治療に有効なのですが、
すべての高血圧に有効なわけ
ではありません。

病状によって悪化させてしまう事も
あるので、自己判断で行わない事が
大切です。

運動療法の対象とは、軽症及び中等症
(最高血圧180mmHg未満、
最低血圧110mmHg未満)が
条件になります。

これよりも血圧が高い重症高血圧の人は、
運動をするとかえって病状を悪化させる
恐れがあるので、薬物療法を中心に
行ったほうがよいでしょう。

また、心臓に心肥大が認められてむくみが
ある場合、運動により心不全を起こす危険性が
あるので運動は控えます。

冠動脈不全がある人は、狭心症や心筋梗塞を
起こしやすいので運動は控えます。

以前に脳卒中を起こした事のある人や、
重症の不整脈のある人も運動療法を
控えるようにしてくだい。

すでに運動療法を行っている人でも、運動を
始める前や運動中に違和感を感じるようで
あれば運動を中止し、医師にご相談してください。

生活習慣病の予防・改善は、日々の健康管理が
欠かせません。

血圧管理はもちろんの事ですが、肝機能や腎機能、
血中脂質の状態を自分で把握しておく事も健康管理
には欠かせません。

しかし、定期的に通院して血液検査をする事は
働き盛りの男性には時間的に難しく、勤めていない
主婦などは健康診断の機会があまりないため、
ついつい定期的な検診がおろそかになってしまいます。

そんな忙しい方々にお勧めしたいのが、
ご自宅で簡単にできる郵送検診キットです。

これは自分の好きな時間に血液を一滴採取して、
郵送するというものです。

検査結果は約1週間ほどで届けられ、腎機能や
肝機能、血中脂質(中性脂肪・コレステロールなど)、
尿酸値、血糖値などを知る事ができる検査です。

ご自宅で簡単に行える郵送検査を
健康管理の1つの方法として、
活用されてみてはいかがでしょうか?

読みづらい方、
音声で聞いてください。

私も入院中は動画の音声を
沢山聞いていましたから。

高血圧で運動中止になる危険性3


まずは軽いストレッチから
はじめていきましょう。

正しく行えば効果ありますよ。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク