くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の症状とは

高血圧の症状とは

スポンサードリンク

高血圧の症状とは、
特別痛みがあるわけではないので、
そのままにしている方も多いものです。

私もそうでした。

くも膜下出血で倒れるまで、
血圧が高いのは知っていました。

ですが、痛みがあるわけでもないので、
そのままでした。

病院いったら降圧剤を処方されるのは、
イヤでしたので、そのままでした。

その結果が倒れたのです。

死ななかっただけでも、
運がよかったと思います。

高血圧の症状とは2


高血圧(高血圧の症状)とは、
国内に約3000万人以上いるといわれている
国民病です。

高血圧がよくないということは
わかっていても、どういう仕組みで
高血圧になるのか、どうして高血圧が
怖いといわれているのか、などは
詳しく知らない方も多いと思います。

ですから高血圧に対する知識を知ることで、
高血圧を予防しましょう。

これから高血圧の仕組みについて簡単に
説明します。

血液を運ぶ動脈に汚れがくっつき流れが
悪くなると、心臓は圧力を高めて末端の
血管まで血液を流そうとします。

その結果、高血圧の症状が出てくるのです。

つまり、高血圧とは、血圧が高すぎる状態の
ことです。

高血圧を放っておくことによって、脳卒中や
心筋梗塞など動脈硬化による様々な病気の
原因となります。

動脈硬化とは、高血圧が長く続くことで、
血管に圧力がかかり続けるために、
血管には弾力がなくなってしまった
状態をいいます。

高血圧は、血圧が高いという症状の一つです。

一度測った血圧が高いというだけで「高血圧症」とは
言い切れません。

高血圧症とは、何度繰り返して測っても血圧が
正常より高い場合(最高血圧が140mmHg以上、
あるいは、最低血圧が90mmHg以上)をいい、
その場合、高血圧症と診断されるのです。

高血圧の基準は、最大血圧が135~140mmHg以上、
または最小血圧が90mmHg以上の場合に治療が必要と
考えられます。

最大か最小のどちらか一方だけが高めの場合も、
高血圧となります。

特に注意すべき点は、最小血圧が高い、
高血圧の場合の時といえます。

読みづらい方、
音声で聞いてください。


高血圧の症状とは3


私も真剣に高血圧症状の改善に
取り組んでいます。

今回の入院で家族に心配をかけ、
本当にすまないと思いました。

もう迷惑は掛けられない。

障害が残らなかっただけでも、
本当に感謝です。

私が真剣に取り組んでいる
高血圧改善法はこれです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク