くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

脳内出血と高血圧性

脳内出血と高血圧性

スポンサードリンク

脳内出血と高血圧性に
ついて解説します。

脳内出血とは、脳内の血管が
なんらかの原因で破綻を起こし、
脳実質内に出血を来す疾患です。

脳内で出血したことで
形成された血の塊を
血腫といい、この血腫が
大きい場合には、頭蓋内圧の
上昇を来し、
頭痛・嘔気・意識障害をおこしたり、
出血に伴って破壊した周辺脳組織の
症状を呈します。

脳内出血の60%は高血圧が原因で、
脳血管に血管壊死が起こり、
微小血管が破れ出血を起こす
と言われます。

しかし、それ以外に脳動脈の
血管奇形や血管腫等が
原因となる場合もあり、
慎重な鑑別を必要とします。

高血圧が持続した場合は、
脳血管の壁に血管壊死が起こり、
急性に小血管の破裂をきたす
ことで脳内出血を起こします。

高血圧症の早期治療が普及し、
近年その数が有意に減少して
いますが、依然として
死亡率75%にも及ぶ疾患です。

高血圧症及び動脈硬化が
みられる年齢は、すなわち
50歳台から60歳台に好発します。

高血圧性脳内出血の
好発部位と症状について
解説します。

被殻出血:出血側と反対側の
手足の運動麻痺と感覚障害を
呈します。

出血量が多い場合は、
共同偏視(両側眼球が片側を向いた
状態で固定してしまう)、
意識障害などを認めることも
あります。

左側の出血では失語症を
伴います。

視床出血:出血側と反対側の
手足の運動麻痺と感覚障害を
呈します。

しばしば出血が脳内の髄液の
交通路である脳室内へ流入し、
閉塞性水頭症(髄液の交通路が
出血により閉塞し、脳内に髄液が
貯留したために脳圧が亢進し、
脳が圧迫されて頭痛、嘔吐、
歩行障害、意識障害等の症状を呈する)
を示すことがあります。

小脳出血:突発する頭痛、嘔気、
めまい、歩行障害にて発症する
ことが多いです。

発症から数時間で意識障害を
伴うものが多く、出血側の
四肢の失調や末梢性顔面神経障害、
外転神経障害を伴います。

意識レベルが予後に相関します。

脳幹出血:脳幹の中でも特に
橋に出血することが多く、
昏睡、呼吸障害、四肢麻痺、
過高熱など、重度の症状で
発症し、24時間以内に死亡する
ことが多くあります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

脳内出血と高血圧性

スポンサードリンク