くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧と風呂の関係について

高血圧と風呂の関係について

スポンサードリンク

高血圧と風呂の関係について
解説します。

高血圧の人がお風呂に入るときは、
血圧が上昇しやすいので注意が
必要です。

よく、入浴の時に脳卒中になり、
病院へ運ばれたという話を耳に
します。

これは入浴の時に、血圧が急上昇
したことの原因が多くあります。

特に冬は、脱衣所やお風呂場は
とても寒いですよね。

暖房で暖かい部屋から寒いお風呂場へ
行くことは、急激に全身へ温度差による
刺激が伝わるため、血圧が急上昇します。

ただ寒い場所へ行く場合には、
暖かい服などを着て対処する
こともできますが、お風呂に
入るときには裸になるので
そうもいきません。

対策としては、脱衣所やお風呂場を
温めておくことがいちばんです。

部屋とお風呂場の温度差を
なくすことにより、急激な
温度差を感じることなく、
血圧の上昇も防ぐことができます。

お風呂のお湯の温度にも注意が必要です。

熱いお湯を好む人もいますが、
熱いお湯の皮膚への刺激(42度以上のお湯)は
血圧を上昇させます。

さらに熱いお湯は、交感神経を刺激し、
筋肉を引き締めて、活動力を増加させる
作用があるため、高血圧の人には
よくありません。

高血圧のある方は、お風呂のお湯は
ぬるめにしましょう。

ぬるいお湯に入ることで、副交感神経が
刺激され、リラックスができ、
肩こり・腰痛や筋肉の疲れを
とることができます。

お湯の温度は 37度~40度ぐらいが
ベストでしょう。

お湯につかる時は、 お湯につかる前に
かけ湯をしましょう。

ぬるいお湯で、手足の先から順に体の
中心(心臓)まで十分に行いましょう。

そして、お湯につかるときは、
胸の下までお湯につかる「半身浴」
がおすすめです。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧と風呂の関係について

スポンサードリンク