くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧のリスク

高血圧のリスク

スポンサードリンク

高血圧のリスクを調べてみました。

私はくも膜下出血で倒れてしまいました。

運よく生きていますので、
このことに感謝をして、
高血圧のリスクを伝えて生きたいと思います。

高血圧のリスク2


高血圧のリスクについて、軽い高血圧で
あっても通常の血圧を持つ人の約3倍の人々が
脳卒中により死亡している、

というデータがありますが、血圧が高いと
他の病気のリスクも高くなります。

高血圧や心臓病、喫煙、糖尿病など、
脳卒中が起こるリスクを持つ病気には
様々なものが挙げられます。

そのなかでも最も怖いのは高血圧と
いえるでしょう。

つまり高血圧の人は脳卒中、
つまり脳出血や脳梗塞、クモ膜下出血などにより
死亡する確率が普通の人よりも高いのです。

脳出血とは、脳の血管が破れて出血を
起こすことで、高血圧が続くために
起こります。

出血を起こした場所が悪いと、
片マヒや感覚障害になってしまう
ことがあります。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり、脳の細胞が
死んでしまうという症状です。

クモ膜下出血とは、高血圧により
脳のクモ膜下に出血が起こって
しまう病気です。

薬に頼らず血圧を下げるためのポイントですが、
高血圧は時として命に関わるので、症状が重い人は
薬(降圧剤)を飲んで血圧を下げる必要があります。

しかし、長期間ずっと降圧剤を飲み続けることは、
体にもお財布にも負担が大きいものです。

ですから、できる限り降圧剤を飲まなくて
すむように、生活習慣を改善していく
必要があります。

血圧を下げるためのアドバイスは、ウォーキングや
水泳など適度な運動をする、ストレスを溜めずに
楽しく生活する、夜更かしをしないで睡眠時間を
しっかりとる、タバコやお酒などを控える、

などといった話をよく聞くかと思います。

これらは確かに大切なことなので、できる範囲で
ぜひ実践して欲しいです。

ただ、高血圧対策をする上でもっとも重要な事は、
やはり毎日の「食生活」です。食事の内容は、
私たちの健康に直接関わってくるので、
同居している家族にも協力してもらい、
血圧を上げない食事に取り組んでいきましょう。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。  

高血圧のリスク3


いかがでしたか?

リスクありますね。

人間は血液が正常に循環できなければ
死んでしまいますから。

私はくも膜下出血で倒れてから
高血圧のリスクを知りました。

命を守るのはあなたの行動のみです。
スポンサードリンク