くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の診断基準について

高血圧の診断基準について

スポンサードリンク

高血圧の診断基準について
解説します。

日本高血圧学会の
「高血圧治療ガイドライン」が
新しくなりました。

自分の血圧がどの基準かを
知っておくことが大事です。

新しいガイドラインは、
高血圧をI度・II度・III度の
3段階の基準に分けています。

従来は、軽症・中等症・重症として
いましたが、軽症というと
誤解を与えやすいので、
治療を必要とする基準で
あることを明確にしました。

正常高値とは、
「高血圧の一歩手前で、
注意が必要なレベル」
という意味で、高血圧予備軍の
段階です。

また、(孤立性)収縮期高血圧は、
収縮期血圧だけが特に高いもので、
動脈硬化の進んだ高齢者に
多くみられます。

自分の血圧が正常値の範囲内だと、
つい安心しがちです。

しかし、実際は正常高値や
正常値のレベルでも、
脳卒中や心筋梗塞などを
起こす例は少なくありません。

病気の発症率との関係をみても、
脳卒中の発症率がもっとも低いのは、
ガイドラインでいうと至適血圧
(収縮期血圧<120かつ拡張期血圧<80)
の基準です。

そのために最近では、
「血圧はできるだけ低めに
コントロールするほうがいい」
とされています。

心臓は、ポンプのように
収縮と拡張を繰り返して、
血液を体内へ送っています。

心臓が収縮すると大量の血液が
送り出されて、血管に大きな
圧力がかかります。

これが収縮期血圧で、
最高血圧といわれます。

反対に、心臓が拡張すると、
血液の流れはゆるやかになって、
血管にかかる圧力も低下します。

これが拡張期血圧で、
最低血圧といわれます。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧の診断基準について

スポンサードリンク