くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧の数値について

高血圧の数値について

スポンサードリンク

高血圧の数値について
解説します。

血圧「140」を超えると高血圧、
「130」でも高め――。

これまで、そう信じていた
人は少なくないでしょう。

ところが、血圧は
「収縮期血圧が147以下、
拡張期は94以下」
であれば正常、という
調査結果も出ているのです。

一般に、健康な人の血圧は
「収縮期血圧(上)が
140mmHg未満、
拡張期血圧(下)が
90mmHg未満」
とされています。

上下とも、これ以上であれば
「高血圧」と診断されてきました。

日本人間ドック学会と
健康保険組合連合会は、
2011年の1年間に
人間ドックを受診した
150万人のうち、病気に
かかっておらず、ほとんどの
検査項目で異常な値がない
健康な約1万人のデータを解析、
正常とされる数値の範囲を
調べました。

その結果、これまで「正常」
としていた基準値が覆いました。

血圧の場合、現行正常とされる
数値は「上140/下90未満」
(家庭で測定した場合、135/85mmHg)
ですが、これが
「上は147まで、下は94まで」
となりました。

同学会は、「現在の健康診断で
正常とされている基準値の範囲を
大幅に緩めるべき」としています。

高血圧と診断されている日本人は、
全国に約3970万人
(国民健康・栄養調査2008年版)で、
50歳代の10人に1人が高血圧と
いわれます。

高血圧になると、心臓などに
負担がかかり、心筋梗塞や
狭心症、脳出血や脳梗塞、
クモ膜下出血などを
引き起こします。

発症すれば命にかかわり、
一命を取りとめても身体に
麻痺が残ってしまうことも
あります。

ただ、血圧の基準値は
とても曖昧です。

人間ドックや企業の健康診断で
正常かどうか判定している数値は、
日本人間ドック学会が公表している
判別値を使っている施設もあれば、
日本高血圧学会が定めた診断基準を
利用する施設もあるなど、
バラバラな状況にあります。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧の数値について

スポンサードリンク