くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

小児高血圧とは?

小児高血圧とは?

スポンサードリンク

小児高血圧を調べてみました。

現在、生活習慣病も低年齢化が進んでいます。

高血圧も小児あたりから注意が必要な時代に
なってくるんでしょうね。

食生活の変化がカギでしょう。

小児高血圧とは?


小児高血圧とは、どんな病気でしょうか?

子どもでも、血圧が高いことがあります。

その標準値ははっきりしていませんが、
学童期では収縮期血圧(最高血圧)が
125mmHg以上を血圧が高値とすることが
多いようです。

子どもの場合、なんらかの原因で
血圧が高くなる二次性(にじせい)
高血圧がほとんどです。

その原因として、大動脈縮窄
(だいどうみゃくしゅくさく)が
もっとも多く、重要です。

その他は、腎血管性(じんけっかんせい)
高血圧、褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)、
原発性アルドステロン症、腎炎(じんえん)
などが挙げられます。

二次性高血圧のため、心臓が大きくなって
動きも悪くなることがあり、拡張型心筋症と
よく似た状態になることもあります。

一方、子どもの本態性(ほんたいせい)高血圧は
まれなのですが、家族歴がある場合には
注意が必要です。

小児期から生活習慣を考えることによって、
成人後、病気としての高血圧になるのを
予防しようとする試みもなされるように
なってきました。

子どもでも、いわゆる白衣性(はくいせい)
高血圧がみられます。

白衣性高血圧かどうかの区別は、24時間血圧計による
検査が有用といわれています。

子どもでは二次性高血圧が主なので、
大動脈縮窄や腎血管の狭窄解除など、
原因に対する治療が目標になります。

これらの原因に対する治療を行なった後、
まだ血圧の調節が困難な場合、降圧薬を
主体とした薬物治療が行なわれます。

使用される降圧薬は、成人の場合と同じ薬です。

原因がはっきりしない高血圧の場合は、
血清脂質、塩分、肥満などの危険因子の
除去が大切です。

生活習慣の改善がまず行なわれて、薬物治療が
必要な場合はまれです。

子どもの高血圧をどのように見ていくかは、
将来の動脈硬化(どうみゃくこうか)の
予防といった面から、今後は更に色々な
ことが分かってくるものと思われます。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。 やることはストレッチのみです。  

小児高血圧とは?


いかがでしたか?

便利なコンビニ。

カップメン、レトルト。

美味しいものが簡単に手に入る時代。

年齢を問わず、気をつける必要が
あるんでしょうね。

これからは、美味しい食事。

添加物の多い食事。

の代償は体が支払うことに。

命を守るのはあなたの行動のみです。
スポンサードリンク