くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧と糖尿病

高血圧と糖尿病

スポンサードリンク

血糖値が高くなり、放置すると
全身にさまざまな影響が出てくる
糖尿病は、高血圧の合併症では
ありませんが、両方とも血液の
病気です。

血糖は、一般には血液中のブドウ糖の
ことです。

ブドウ糖はエネルギー源として
利用されており、血液中のブドウ糖(血糖)は
一定の濃度に保たれています。

そのコントロールを行っている
インスリンの不足や、インスリンの
働きが弱くなると、血液中に多量の
糖が存在することになるのです。

そして、高血圧と糖尿病には
深い関係があり、高血圧の人は
糖尿病になりやすく、糖尿病の人は
高血圧になりやすいといわれます。

糖尿病の人が高血圧になる理由は、
血糖値が高いと体が水分を吸収して
血液量が増え、血管に圧力が加わる
ことで血圧が上がるからです。

逆に高血圧の人が糖尿病になる理由は、
高血圧により腎臓の働きが悪くなって、
インシュリンの分解が滞り、糖尿病に
なりやすくなるからです。

高血圧の人は血圧だけでなく、
他の病気にならないためにも
生活習慣の見直しが必要です。

高血圧が原因で引き起こされる病気は、
頭痛、吐き気、動悸、倦怠感、むくみ
などがあげられます。

さらに進行することで脳卒中や
心臓発作など、命に関わる病気の
リスクが高まってしまいます。

脳出血や心臓発作も急に起こる
ものですが、脳出血には一過性脳虚血発作
(脳に行く血液の流れが一過性に悪くなり、
運動麻痺、感覚障害などの症状が現れ、
24時間以内、多くは数分以内に
その症状が完全に消失するものをいいます。
脳梗塞の前触れとして重要です)が、
心臓発作には心肥大(心肥大の患者は息切れや
疲労感などを訴えることが多いです)
などの前兆がある場合があります。

これらの前兆を見逃さず、
すぐに病院に行きましょう。

現在、病気療養中で、
読みづらい方、
音声で聞いてください。

私もそうでした。
入院中は動画の音声を
沢山聞いていましたから。

 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

高血圧と糖尿病

スポンサードリンク