くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

運動と高血圧の関係性

運動と高血圧の関係性

スポンサードリンク

運動と高血圧の関係性に
ついて解説します。

生活習慣の修正の柱として、
運動があります。

適度な運動を習慣的に
行うことにより、
高血圧の改善に
効果が期待できます。

特にI度の高血圧
(140~159/90~99mmHg)
であれば、薬を使わずに、
運動と食事だけで血圧を
下げることもできます。

適度な運動は、心臓や
肺の働きを向上させ、
血液の循環を促進し、
継続して行うことで
次第に体の各部の機能が
鍛えられていきます。

すると血圧以外の、肥満、
脂質異常症、糖尿病など
生活習慣病全般に対しても
良い影響を及ぼします。

運動は、有酸素運動
(エアロビクス)と
無酸素運動(アネロビクス)
があります。

有酸素運動とは、十分に
酸素を取り込みながら
行う運動で、ウォーキングや
サイクリング、水泳などが
該当します。

一方、無酸素運動とは、
一瞬息を止めて力を振り絞る、
懸垂や腕立て伏せ、重量挙げ
などです。

無酸素運動は、一時的に
血圧を上昇させるので
高血圧の人には危険な
運動です。

高血圧の人の運動については、
有酸素運動を選択しましょう。

有酸素運動は、2日に1回、
できれば毎日、継続して
30分以上続けることが
理想となります。

高血圧の人の運動療法開始前には
必ず医師に相談するように
しましょう。

特に高リスクの高血圧の場合には、
心臓発作や脳卒中をおこすなど、
重大な命に関わるケースもあります。

また、運動中に、少しでも
身体に異常を感じるときは、
その時点で中止して、
すぐに医師に相談してください。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。

値段が掛かりましたが、
これで高血圧が改善されれば
安い買い物です。

やることはストレッチのみです。
 

運動と高血圧の関係性

スポンサードリンク