くも膜下出血で倒れ日々血圧管理している記録

くも膜下出血で倒れ生還しました。血圧管理が非常に大事な毎日です。

生きると決めてから

前向きな生活に変更。みなさんに感謝しております。

高血圧とヨガ

高血圧とヨガ

スポンサードリンク

ヨガは高血圧によい影響を与えると
思います。

呼吸法を覚えて深い呼吸をするだけでも
よいと思います。

高血圧とヨガ2


高血圧とマザーズヨガセラピーのご紹介です。

ストレスは万病のもとですが、高血圧も
ストレスと無縁ではありません。

身体的、あるいは精神的なストレスを
受けて緊張状態が続くと、副腎から
アドレナリンの分泌が促され、交感神経が
優位になり、血圧が上昇します。

血液は人間が生命を維持していくために
不可欠な、酸素や栄養を体の各部分に運搬し、
老廃物や炭酸ガスを運び去る役割を
果たしています。

血液は心臓から送り出されて、体のすみずみまで
流れていきます。

血圧とは、心臓から送り出された血液が、
動脈の内壁を押す力のことをいいます。

高血圧というのは血圧が高い症状をいいます。

たまたま測った血圧が高い時には、血圧が
高いとはいえますが、高血圧症とは言い
切れません。

高血圧症とは、繰り返して測ってみても、
血圧が正常より高い場合をいいます。

最高血圧が140mmHg以上、
最低血圧が90mmHg以上の場合は、
高血圧と診断されます。

マザーズヨガなどの適度な運動は、
血圧を下げる効果があります。

高血圧の予防は、食事や運動、または
ストレスを溜めないことです。

軽度の高血圧140~159/90~99mmHgの場合は、
薬を使わずに 血圧が下がる場合があります。

適度な運動とは、心臓や肺の働きを向上させて
血液の循環を促進し、継続して行うことです。

次第に体の各部の機能が、鍛えられるでしょう。

血圧だけでなく、肥満・脂質異常症・糖尿病などの
生活習慣病に対しても有効です。

高血圧はそうでない人に比べ、糖尿病を
発症する確率が2~3倍になります。

糖尿病はインスリンが分泌され、
インスリンがうまく働かないことから、
血糖値が高くなる病気をいいます。

糖尿病が長く続くことで、網膜・腎臓・神経など、
様々な糖尿病の合併症が起こります。

また、高血圧と糖尿病があると、病状が
加速されて心筋梗塞などの血管障害が
起こりやすくなります。

血圧が高い場合は、糖尿病に対する予防も
合わせて考えることが大切となります。

読みづらい方、
音声で聞いてください。

私も入院中は動画の音声を
沢山聞いていましたから。

高血圧とヨガ3


私も倒れた時は、
血糖値が上昇しました。

集中治療室に入っている間は
インスリンを毎日摂取していました。
 

私が取り組んでいる
高血圧を改善するストレッチです。

運動、食事制限以外の方法を
探していたら見つけました。
値段が掛かりましたが、 これで高血圧が改善されれば 安い買い物です。
スポンサードリンク